So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

土地の名義変更 [家のこと]

いよいよ、今週末契約、来週から造成工事開始ですー。
大丈夫だよね、返していけるよね、と自問自答の日々・・・

さて。

我が家を建てる土地。実父からいただきました。
登記の名義変更、
法務局http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/static/のホームページに行くと
右のメニューの下のほうに「不動産登記申請書等様式」というのがありまして、
そこに「贈与による所有権移転登記申請」というファイルがありましたので
それを加工して自分で法務局に行ってきました。

一度行って、書類を見てもらいつつ課税価格や登録免許税の計算方法を教えていただいたので
申請の時はスムーズでした。
不動産の価格は固定資産税課税明細書の評価額そのままでいいのですが
(課税明細書のコピーが必要でした)
うちは分筆したばかりなので、面積で割りました。
その額47,757円。ま、今は田んぼでの評価額ですので・・・
そして、課税価格は100円単位を切り捨てて47,000円。
贈与なので、登録免許税は1000分の20で940円・・・ですが
1000円以下はすべて1000円なのだそうです。

子供二人連れて行ってたので、ホッチキス留めとかここに割印してくださいねとか
さらに印紙の購入、貼り付けなんかも、すべて椅子に座ったまま全部やってくださって。
ありがとうございました。。。
あ、田舎の小さな出張所だからしてもらえたことかもしれませんが。

そして、夕方には登記が終わりましたよと連絡をいただきまして、
後日、父から借りた登記済証と農転の許可書を返してもらって
登記識別情報をいただきました。
これで完全にあの土地は私のもの~♪


最初相談しに行ったときに応対してくれたおじさんには
家が建った時にはちゃんと司法書士さんに頼んでくださいね、と言われたのですが
ちょっと楽しかったので、保存登記だけやってみようか、なんて気も。
とはいえ、引っ越しで忙しいはずなので、
おとなしく司法書士さんにお願いすることにします。


以上、土地の名義変更の顛末でした。
ひょっとしたら参考にしていただける人がいる、かも、なんて。


おじいさんとのお別れ [日記]

ようやく、地鎮祭を行い、週末には契約をしましょう、
というところまできましたー。と思ったら…

地鎮祭のために現地へ向かう車の中で
義祖父の容体がよろしくないという電話を受けまして。
今更中止もできないし、と相方さんはぼんやりしたままで地鎮祭をやっていただき、
現地での業者さんとの打ち合わせとご近所への挨拶回りを終えて病院へ向かってみると、
私たち家族を待ってくれていたかのようにすーっと旅立っていかれました。

ほぼ1年近く前、坊ちゃんの1歳のお誕生日ケーキを一緒に食べた一週間後に
92歳という年齢で緊急手術を受けられて、
しばらく容体は安定していたのに、8月に痰がつまって一時心肺停止。
その後は人工呼吸器で命をつないでこられました。
おじいさんはしんどかったかもしれないけれど
家族にはとても大事な看取りの時間だったのかな、と思います。

手術までは体調がよくないよくないと言いつつも
とてもかくしゃくとして存在感のあるおじいさんでした。
戦時中、戦艦大和での戦闘経験があり、戦後は海上保安庁にお勤めでした。
戒名には海という漢字が入るそうです。
今日お見送りしてきます。


そして。
相方さんの母方の祖父だし、93歳での穏やかな最期でもあったし、
初七日がすんだら、いよいよおうちの工事を始めてもらおうと思います。


関係ないけど、正月明けに家相のことで相方さんにぶち切れた腹いせに始めた
ネットゲームにはまってしまってます。。。
ツイッターを見てた時間がそのままネットゲームへ。
私の社会人復帰は可能なのかしら・・・


農地転用許可 [家のこと]

やっっっと来ました。農転の許可。

先月、身内に不幸があり、49日の間は何もしないことにしたし
相方さんが、許可書が来ないとやる気にならない、とかなんとか言ってるし
この2ヶ月は、私一人でこの間取りでいいのかなあ・・・・・・・・・と
ぶつぶつつぶやいておりました。

そうそう、見積をもらってみるとあまりに予算オーバーで
すったもんだの末、家、小さくなりました。
客間予定の和室がなくなりました・・・



で、農地転用の手続なのですが。

本来であれば、行政書士さんにお願いするものだそうです。
でも我が家の場合、現在の土地所有者である実父が農業委員さん♪
父の指示で書類を作成し、手続は役場の担当者さんに聞きながら
父がしてくれました。
行政書士さん費用、節約です。

土地が農業振興法の農用地区域でしたので、その除外申請から必要でした。
県だか町だかの農地利用計画に組み込まれているので
その計画から外してもらわなければいけない、と解釈したのですが
合ってるのかしら。
こんな家を建てます、という図面まで必要で
ここまで用意して許可がおりなかったらどうするのよ、とぶつぶつ言いながら、
年に数回しかない締め切り間際にばたばたと書類を用意しました。
実際我が家は、県の審議でひっかかったらしくて少し時間がかかり
ちょっとひやひやしましたよ。。。

そして、農用地等利用計画変更申出(だったらしい)が無事承認されて
ようやく農地転用手続きです。

今回は農業従事者ではない私が父から土地を譲渡してもらうので
農地法第5条での申請です。
書類は除外申請とほぼ一緒だったのですが、
資金計画書も必要でした。
しかも3000万を超えると残高証明なんかも必要で。
提出した図面では、ぜーんぶ無垢床、ぜーんぶ漆喰壁なんてことは
わからないし、それから太陽光パネルも乗ってないので、
造成費400万、建築費2400万で出してしまいました。へへ。
あと、我が家の場合は、排水のための道路使用許可も必要でした。
周りは全部田んぼですから、
道路反対側の水路に確実に排水できるという確認が必要だったのでしょうか。

11月の委員会にかけて、昨日許可書をいただくことができました。

そうそう。
農業委員会での審議の時には、父は退室させられてたそうです。
ちゃんと審議するんだ、とちょっとびっくりでした。



週末、ビールを抱えてじいちゃんに挨拶しに行くことにしましょう。
まだ、所有権移転の登記書類に判子を押してもらわないといけないしね。

所有権移転の登記は法務局のホームページから書式をもらってきて
自分でします。
司法書士さん費用も節約。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

工務店のこと [家のこと]

カイケンコーポレーションのホームページを見ていて
これいいなーと思う間取りを見つけました。

対面キッチンに対面しているのが、こあがりの和室。
そこからおりたところがテレビのあるスペースなのだけど
そんなに広くなくて、こあがりの和室から見るのかな。
で、キッチンの横がダイニングになっていて
テレビスペースとつながっている。

キッチンから見えるのがこあがりの和室というのが新鮮でした。
カウンターのすぐ前は畳ではなく板間で椅子が置いてあるのだけど
こあがりの分があるのでカウンターが高すぎない。
子供が遊んでいてもすごく近いよなーと。
まあ、今の坊ちゃんだとこあがりから落ちてばかりだと思いますが。

現時点での我が家の間取り、狭いリビングに対面してキッチン、
キッチンで振り返るとダイニングがあってその奥に
パソコン&勉強部屋になっているので
リビング部分をこあがりの和室・・・とちょっと考えてみたのですが
リビングの掃き出し窓からウッドデッキ構想があるので却下。


で、カイケンコーポレーションですが
我が家の建築はこちらの商品の取り扱い工務店さんにお願いします。

結婚式のときにきものと着付けでお世話になった方がカフェを作りまして
その建物が、幻の漆喰に音響熟成のうづくりの床だったのです。
相方さんが一目ぼれ。
カフェでもらったカイケンコーポレーションのちらしを
大事に大事に保管してました。
家を考えてみようかという話になったときにそれを出してきたので
ネットで調べて割と近いところに工務店があったので
そこの完成見学会に行ってみて、社長さんの人柄に惹かれ
結局そのまま決定~です。

他社との競合まったくなし。
競合してその後に断ることをすごくしんどく思う夫婦だし、
小さい工務店なので競合させたところで安くなりそうにもないし。
ただ、私たちの要望で他社さんがどんなプランにしてくれるのかは
ちょっと見てみたかったです。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

土地のこと [家のこと]

今日、と言ってももう昨日ですが、
実家にいると、土地家屋調査士さんが、
分筆の登記が終わりましたよ、と書類を持ってこられました。

このあたり、ど田舎のくせに土地が高めらしく
(あるハウスメーカーの営業さんはリゾート地価格なんて言ってました)
とても宅地を買おうという気にはなれず。
また、その他の諸々の事情を考え合わせて、
最初は、私の実家の近くでどこか田んぼを譲ってもらえるところを探そう、
ということで話を進めていたのですが、
相方さんのお母さんの強硬な反対にあいまして・・・あきらめました。
通勤も通学も週末のお出かけも、一番便利な地区なので
相方さんの希望なんですけどねえ。

で、次の候補が、別の地区にあるうちの父名義の田んぼ。
私の職場から近い。(お昼は食べに帰れる)
学童が小学校内にある。
この二つの理由でぎりぎりOKかなー、と。
小学校からは少し遠いのですが、小学校自体が浸水しやすいところにあって
これ以上近付くとそちらの心配が出てくるところなので、
子供たちに頑張ってもらいましょう。

周りはぜーーーーんぶ田んぼなのですが
ちょうど道の反対側が10軒くらいの団地になってるので
上水道は通ってるし、浄化槽からの排水を水路に流すのも問題なし。
道から30センチ下がってるだけなので造成もしやすいし
(地盤改良は必要になりそうですが)
なんたって父の所有物件。
そして、私の中での一番の決め手は、
もう一度ちゃんと土地を見に行こう、と出かけたときに
ちょうど虹が出ていたことかもしれません。。。
お嬢は、生まれて初めてみた虹でした。

で、その田んぼが約700坪の広さがありまして。。。
前の道路が狭い、しかも向かいの団地と道の間には水路があるので
我が家は道沿いに十分なスペースを取りたい、ということで
120坪ほど分筆してもらうことにしました。

そして、その分筆が無事完了したわけです。
我が家の番地、確定です。
周りの地主の方々には大変お世話になりました。

同時進行となっている農地転用の手続きは、
農振法の除外申請から必要だということで、
5月末にその書類を出しまして、
最終的な許可が出るのは早くて11月らしいです。
それまでは何もできません。て言うか今年も米作りしてるし。

今のうちにしっかりとプランを練ります。
稲刈りが終わったらすぐに地盤調査して
農転許可が出たらすぐに造成だ!


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

ニュースへの関心度 [日記]

相方さんのおとぼけっぷりを一つ。

昨日のことです。

「相撲で野球賭博ってどういうこと?相撲賭博じゃないの。」

と聞かれました。

相撲をとってる本人が自分たちに賭けてどうするのよ。

と答えておきました。

しばらくしてようやく理解できたらしいのですが、
そうならちゃんと分かるように説明しろよーラジオのニュース、
と文句を言ってました。
(仕事帰りの車中でラジオを聞いてたらしい)

いやいや、ニュースになり始めた頃には言ってたと思うよ。
今頃その認識ってあなただけじゃないの。

念のために申し添えますが、
我が家のテレビ、特に見たいものがなければ
夜7時NHK、9時NHK、10時報道ステーション、11時ZERO
とニュースのはしごをしてたりします。私が好きなので。
まあ、もう始まってるーとチャンネルを変えたときには
トップニュースが終わってることも多いですけど
でもそれにしたって。。。

相方さんのアンテナ、世間一般へはまるっきり向いていないようなので、
今日帰ってきたらサッカー本田選手の名前くらい、
教えておいてあげようと思います。

平屋でOK [家のこと]

その後一日考えてまして、大事なことを忘れてました!
私、高いところ、苦手なのです。

と言うのも、思春期の頃から血圧が低くなり、よく脳貧血を起こしてまして、
体調が悪ければ実際にふらつくし、悪くなくてもふらつくような気がすることがあり、
そうなると、高いところってすごく怖いんです。ふらついて落ちるような気がして。
階段あがってても後ろに倒れそうな気がしたり。
あと、高所恐怖症とはちょっと違うのですが
私、階段をおりてて、次にどっちの足を出せばいいのか
わからなくなることがあります。

そんなこんなで、この前実家に泊まってて
朝、寝起きで坊ちゃんを抱っこしておりるときに
なんだか、ものすごく怖かったのですよ。
平気なときは平気なんだけど。

たまに泊まりに行ったときだけならともかく、
主婦として毎日だと、これは辛いなーと。

で、相方さんも同じようにふらつく人です。

以前見に行ったおうちで、二階の吹き抜け部分との境が
壁ではなく、すかすかの手すり状・・・?になっていて
( TTTTTT ←こんなのね)
二人で怖いねー怖いねーとささやいてたこともあります。
違う家で、ガラス?プラスチック?の透明壁もありましたけど
あれも怖かったなー。

それから、展示場で、階段の途中にスペースを作って
テレビとソファが置いてあるところがあったのですが、
落ち着きませんでした。
階段からの横移動っていうのがなんとなく怖かった。
相方さんに言うと、かなり重症だね、と言われてしまいましたが。


とにかくっ。
私は平屋がいいです。平屋にします。
もう迷いません。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

ぜいたくな家 [家のこと]

今日、この2ヶ月くらい私が考えに考えた間取り案を持って
工務店に行ってきました。

普通は、工務店に提案してもらってそれを手直ししていくのでしょうが、
小さい工務店で、二級建築士の社長が営業もやり設計もやりという感じなので、
自分でいろいろ考えた方が早いかも、と、手作り方眼紙に
書いては消し書いては消しを繰り返してました。

社長さんには完ぺきですね~なんて言われたのですが、
同時にすごい家になりそうですね、とも言われ。
それが、頭金もないあなたたちには分不相応だよ、と聞こえてしまって
ちょっと気分がへこんでます。

というのも。
延べ床が43坪。
これだけでも結構大きい家ですが、なんと平屋です。

工務店を出てから、なーんでこんなに大きくなったんだろう、
やっぱり二階建ての方がいい?なんてぼんやりぼんやり考えてるのですが。

平屋の暮らしやすさは、大事だよなー。
子供がもっと大きくなればまた違うのだろうけれど、
一番大変な時期の暮らしやすさを優先しないと。
あまり体力のない私が
この時期を正社員で踏ん張るためだと思えば
数百万円のコスト高だとしても出す価値がある、よね。
などと自分に言い聞かせてみたり。

あと、相方さん、私がわがままを言ってる、というような言い方をするのですが、
家相だの風水だのを聞きかじってこだわる相方さんのわがままの方が
影響大きいと思うのよね。
水周りがまとめられればコストが抑えられるし
張りも欠けも嫌だと言うから無駄にスペース増えてるし。


張りも欠けもないシンプルな(ある意味貧相?)外観なので
大きくは見えないんじゃないかなーとは思っているのだけれど。さて。


ところで、今日もらった フラット35 の事前審査申込書。
  記入見本の氏名が  平 三五郎 さんだって。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

大きな決断をしました [家のこと]

更新しよう更新しようと思いながら、ちっとも実現しないこのブログ。
最近、相方さんが楽しそうにブログを書いているので、
それに少し触発されつつ、自分で記録しておきたいことができたので
久々に更新。
さて、今回は続くのだろうか。

で。
突然ですが、家を建てることにしました。
超田舎なので、マンションはおろか建売住宅なんてものも存在しないお土地柄。
マイホームは自動的に注文住宅となります。
ついでに、借家・アパートというのもほとんどありません。
子供が小学校にあがるまでにはと思っていたのですが、
私が育休中の方がいいかも!と今、話が進みつつあります。
来年4月の復帰前にお引越しするにはぎりぎりのタイミングかも、
というところで動き始めたのですが、
いろいろありまして、早くて来年の今頃のお引越しになるかなあ。

たいした貯金も持っていない者同士が出会って半年で結婚して、
結婚生活5年のうち、嫁は半分以上産休育休。
その間、新車2台のローンも抱え、、、
なんて状況で頭金はなかったりするんですけどね。
お互いの職場が、10年後には存在しているかどうかわからない
というのもちょっと危険なところではあるのですが、
様々なことを考慮して、やはり子供が小学校にあがるまでには
引越しがしたい、引越しするには家を建てるしかない、
ということになりました。

そんなわけで、おうちづくりの顛末、自分の記録として
できる限り更新していこうと思っています。

あと、流行にちょっとのってみよう、とツイッター登録してみました。
現在あれこれ手探り中。

バターロール [日記]

ホームベーカリーを買って1年。
食パンしか焼いていなかったのですが、ようやくパン生地作りに使いました。

バターロールは成形した後ほったらかしにしすぎて形がなくなってしまったのですが
適当に作ってみたキティちゃんがけっこうそれらしくできたのでお披露目。

100302_1827~0001.jpg

くまってこんなだっけ?と作ったモノ、写真ではちょっとペネロペに見える。
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。